沖縄でも人気レシピ!簡単スパム丼の作り方!

沖縄旅行に行くと人気のお土産にスパムがあります。
豚肉を固めた缶詰ですね。

沖縄では野菜炒めに入れたり、沖縄そばのトッピングで使ったりと色々便利。
お肉の代わりに使うイメージですね。

そんなスパムを使った簡単料理が「スパム丼」。
カフェ風のおしゃれなスパム丼が沢山紹介されていますが、何十年も前からローカルで作られているのが「簡単スパム丼」。

私のレシピは全くおしゃれではありません(^^♪

今回はおしゃれではない簡単スパム丼の作り方を紹介します。
お土産でスパムを買う予定の人は参考にしてください。

スパム丼の作り方

メーカー色々

沖縄では「スパム(SPAM)」以外にも人気のメーカーがあります。
スパムとはポークランチョンミートの商品名です。

沖縄の家庭で昔から定番のメーカーは「チューリップ」
身がスパムよりも固く、料理中に崩れない。
また、塩分も控えめで使いやすい。

どのメーカーでも問題ないので好きなものを買って使ってくださいね。

切って焼くだけ


スパム丼の作り方は超簡単。
切って焼くだけ。

問題は組み合わせ。
どんな食材と組み合わせるかで手間が大きく変わります。

私のおすすめは「目玉焼き」
「卵焼き」ではなく「目玉焼き」

黄身は半熟が好き。
半熟の方が、スパムとご飯を絡めて食べやすいです。

  1. スパムを缶から出して5ミリの厚さに2枚切ります
  2. フライパンでスパムの両面を軽く焼き目をつけます
  3. スパムを皿にとり、油を引き直して目玉焼きを作ります
  4. 目玉焼きの焼き加減はお好みで
  5. ご飯の上にスパム、スパムの上に目玉焼きを乗せる
  6. お好みでタレをかけて完成


タレはオリジナルで作ってもよいです。

簡単なのは「醤油」
私は醤油だけです。

半熟卵と醤油を絡めるだけ。

スパムが塩味が強いので、あまり濃いタレは使わないほうがよいです。
マヨネーズを使う人もいますが、脂が多くなるのはおすすめしませんね。

「めんつゆ」を使うと甘さが増します。
お好みで試してください。

アレンジ

野菜が足りない!

そう思う人はレタスを敷いたり、アボカドを乗せたりアレンジするとよいでしょう。
タコライスっぽくなってきますね。

余ったスパムは切って冷凍に入れておけば長持ちします。
冷蔵するなら早めに使うこと。

最後に

今回はおしゃれではない簡単スパム丼の作り方をご紹介しました

私は一人暮らしの時によくスパム丼を作って食べてました(^^♪
超簡単ですからね。

沖縄に行ったらスーパーで買いこんで段ボールで郵送してたぐらい買ってました。
私が好きなメーカーはチューリップ。

ありがとうございました。