国際通りにあるKOIカフェでタピオカミルクティーを飲んだ!

台湾で生まれたタピオカミルクティー。
日本でも現地の人気店が出店ラッシュですね。

私は大阪に行ったときは「春水堂」を探して行列にならんでまで買いました(+o+)

台湾旅行で飲んだ「50嵐」が一番好きで忘れられない味でした…。
恋しい(*^^*)

そんな本場のタピオカミルクティーの人気店「50嵐」の系列店が沖縄に出店していたとは知りませんでした(+o+)

お店の名前は「KOI Thé(コイティー)」。
実は日本では沖縄だけに進出しているそうです。

全く知りませんでした。

あの「50嵐」と同じタピオカミルクティーが飲めるのか??
車を飛ばして行ってみました(^-^)

今回は国際通りにあるkoiカフェのタピオカミルクティーをご紹介します。



国際通り「KOI Thé」


国際通りには2店舗あり、メインストリートの「国際通り店」。
もう一店舗はちょっと横道の「沖映通り店」です。

私たちは沖映通りのジュンク堂書店で買いものしたので今回は沖映通り店に行きました。

まずは駐車場

ジュンク堂の提携駐車場に車を停めます。
国際通りは駐車場が少ないのが難点。

もちろん、ほとんどのお店が駐車場無し。
その影響で那覇に住んでいない地元の人は国際通りにわざわざ行きませんん。
駐車料金を払ってまで国際通りで買いものしようと思わないからですね。

道も混んでるし(+o+)

私がジュンク堂の提携駐車場に駐車するには理由があります。
それはジュンク堂で買いものをすると駐車場が1時間無料になる!

正確には5000以下の買い物で1時間無料。
5000円以上で2時間無料~。

場所は向かいの「みどり立体駐車場」。
午後になると満車の可能性があるので午前中に行きました。

ジュンク堂で買いものをしたらタピオカミルクティーへGO!

KOIまですぐ

ジュンク堂からkoiカフェまで歩いてすぐ。
信号を渡って1ブロックぐらいです。

午前中のオープンしたぐらいの時間に入りました。

若い子が多く、数人並んでいました。

私たちも行列にならびながら、メニューを選びます。

こちらにはタピオカが2種類あり、普通のブラックタイプとゴールデンタピオカが選べます。
とりあえずゴールデンをチョイス。

氷なしの無糖でお願いします!

ちなみに甘さはかなり選べます。
私は砂糖をなるべく摂取したくないので無糖で。
腸を冷やしたくないので氷も無し。

【甘さの段階】
無糖:0%
微糖:25%
半糖:50%
少糖:70%
全糖:100%
もっと甘め:120%
【氷の量】
氷なし
氷少なめ
標準の量

タピオカミルクティー

注文してから数分待って出来上がり。

モチモチタピオカが美味しいです(^^♪

本場の「50嵐」とはちょっと違いますね。
やっぱ場所が変われば味も変わる。

そもそもお店が違いますが。

「50嵐」はタピオカのサイズはバラバラで手作り感がありました。
たぶん作っている場所も違うから仕方ないか。

うちの子はマンゴージュース。
無糖にしたかったのですが、全く味がなくなるのでオススメしません、とスタッフさんが教えてくれました。
微糖で注文。
色が綺麗で美味しそう(^^♪

私たちがテーブル席でドリンクを楽しんでいる間にもお店にはお客さんが途切れません。
人気だな~。

店内にはオリジナルバッグも販売していました。

向かいのラーメン屋さんにもアジア系の人達が行列してますね。
人気店?

沖映通り店
【住所】
沖縄県那覇市牧志1-3-34
【営業時間】
10:00 – 22:00 (月-木)
10:00 – 23:00 (金-日)

国際通り店
【住所】
沖縄那覇市松尾2-8-16 レガロパロマビル
【営業時間】
10:00 – 22:00 (月-木)
10:00 – 23:00 (金-日)

最後に

今回は国際通りのタピオカミルクティー専門店「KOIカフェ」をご紹介しました。
「国際通り店」よりも「沖映通り店」が行列は少ないかもしれません。

場所はすぐにわかるので是非、行ってみてください。

ありがとうございました。